再就職準備金ご存じですか?介護職に復職で最大40万円!

2021.02.25掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

介護のお仕事に復帰するための費用について、愛媛県社会福祉協議会を通じて

最大40万円まで無利子で借り入れできる制度です。

しかも、2年間の介護職員の業務に従事することにより、

返還が全額免除されます。

 

愛媛介護求人・転職サーチでは再就職準備金に関して、
この制度における疑問や悩みを解決するためのサポートを行っています。

制度の申請に関して、再就職先の雇用契約書が必要になるため、
転職先決定においてもサポートも受け付けています。

希望の条件や気になる求人等がありましたら、
是非、LINEに登録頂き、ご相談ください。

 

再就職準備金とは

以前介護職員として働いていた方が再び介護職に就いた際に、

再就職にかかる費用就職後にかかる費用の一部を無利子で借りられる制度です。

例えば、

 ○子どもの預け先を探す際の活動費
 ○研修参加費、参考図書の購入
 ○敷金・礼金や転居に伴う費用
 ○通勤用自転車・バイク等購入費
 ○介護ウェアなどの業務用被服費

など、再就職に関わる引っ越し費用から通勤用の乗り物衣類に関してまで、費用として認められます。

また、愛媛県内で、2年以上介護の事業所・施設等で介護職員等として勤務すれば全額返還免除になります。

※自治体により、扱いはさまざまですので申請時には貸付制度にマッチするか確認しましょう。

 

どんな人が対象なの?

貸付対象者は、次の(1)~(4)の基準を全て満たす方となります。

 1.介護職員としての実務経験が1年以上ある(そのうち勤務期間が180日以上)

 2.介護福祉士実務者研修介護職員初任者研修のいずれかの有資格者(介護職員基礎研修、1級課程、2級課程も可)

 3.介護保険サービス事業所などにおいて介護職員などとして再就職した人

 4.再就職する日までに、あらかじめ都道府県福祉人材センターに再就職準備金利用計画書を提出した人

 
 

どんな職場が対象なの?

介護の事業所・施設等(居宅サービス等を提供する事業所若しくは施設又は第一号訪問事業若しくは第一号通所事業を実施する事業所)

※障害者福祉サービスの事業所は対象外となるため注意しましょう。

 

「対象となる介護職員など」とは?

「介護福祉サービス事業所にて、介護を主とする業務に従事する人」となります。

※直接利用者の介護にあたらない場合は対象外となるため注意が必要です。

 
 

申込みから返還免除までの流れ

◆1 前職を退職したら

まずは、愛媛介護求人・転職サーチのLINEに登録をしてください。

友だち追加

 
 

 

◆2 再就職内定したら

再就職準備金の申し込み書類の提出を行います!
書類は愛媛県社会福祉協議会のHPか窓口から取得できますが、
愛媛介護求人・転職サーチ面談に来て頂いた方には書類一式を差し上げております!

◆3 就業開始したら

再就職届けの提出を愛媛県社会福祉協議会に!

※就業開始してから6ヶ月以内に申請をお願いします。

◆4 書類審査

◆5 借用証書等提出

◆6 貸付金交付

審査が通れば申請金額が一括で支給されます!

 

☆★ポイント★☆

コチラの制度はあくまでも、

皆様が直接手続きをしていただく内容でございます。


私どもで申請の代行はできませんが、

制度の内容につきましてはキャリアアドバイザーがしっかりと説明させて頂きます!

 

最後に

条件に当てはまって、2年以上継続して勤務することを考えているなら、
とても魅力的な内容です。
万一、2年以内に退職しても、無利子というのも大きなポイントです。

 

就職活動前や内定時に届け出をしなければいけないこと

連帯保証人が必要なこと

使い途に一定のルールがあること


などは気をつけなければいけませんが、
介護分野で再就職をしたい人にはぜひおすすめしたい制度です!

 

愛媛介護求人・転職サーチでは再就職のサポートをしています。

LINEやお電話にてお気軽にお問い合わせください!

⇩お電話でのお問い合わせはこちら⇩
0120-588-560

⇩LINEでのお問い合わせはこちら⇩

友だち追加